スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | Comments:(-) | Trackback:(-)
売買ルールの作り方
あけましておめでとうございます。
今日は私の連れが手法、手法と言い出して思ったことがあるので書いておこうと思います。
自分のルールを作る上で大事なのは
①破産しないこと
②負けないこと
③勝つこと
この順番ね。で、これができやすいのをかんたんに言うと
「損小利大」+「高勝率」。
これに近づくために私を含めみんなお勉強してるわけですが、私の連れ見てて思うことはなぜか①、②のポイントを素通りして③しか考えていません。エントリーポイントしか見てないっていうことです。
何が言いたいのかっていうと、ルール作るときに最初に考えるべきはエントリーポイントじゃなくて、入ったらすぐ逆指値置いておけるような損切りの考えをまとめるほうが先だということです。私の経験上、損切りで枠組みを作っておかないとぶれることが多いし、何をもって損小利大を管理するのかがわからない。逆に作っておくと応用が利きトレードの幅が広がります。
 ちなみにエントリーポイントですが、初心者は日足チャートから始まって負けだすとだんだん短いチャートで取引するようになりますが、(私がそうでした)この過程でエントリーポイントのお勉強は終わってると思っています。
1分足や5分足までいって儲かってないならあと必要なのは管理やマネーマネジメントの世界だけで、そのために損切りの考えをまとめるのが必要ということです。
長々と書きましたが、私の考えは 「手法=損切り」だと思っています。
損切りの考えがまとまってない人はぜひ考えてみてください。


 




スポンサーサイト
手法 | Comments:(1) | Trackback:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。